【ゲーム配信やってみた】2Dアクションパズルゲーム「Unravel」の「ベリーの沼」をプレイしてみた

未来世紀研究所ゲーム配信やってみた「Unravel」の第3ステージ、「ベリーの沼」です。Kaz所長が配信フリップ用画像を作成いたしました。ゲーム配信動画内でも利用しています。ありがとうございます!

さてほっこりしんみり毛糸横スクロールアクションゲーム、Unravelも第3ステージになりますとパズルがさらに複雑化、アクションも派手になってきています。こちらでは湿地帯とはマングローブ林ですが寒冷地域らしく湖沼の点在する湿地帯を冒険します。湿った植物の質感や流水の表現、さらにステージ中に遭遇する動物など盛りだくさんです。

主人公の毛糸玉がゲーム中溺れまくっているのは見逃してください…

ステージ途中から大量に発生したヤブ蚊が主人公の動きを鈍くします。うっとうしいので毛糸を投げるボタンを連打して追い払いましょう。

ゲーム動画はこちらからどうぞ!

余談

動画編集に数年ぶりにAdobe Premiere Proを使用しました。簡単なカット編集のみでしたが、AMD Ryzen 1800Xマシンでの書き出しエンコードの際、タスクマネージャー読みでCPU平均利用率は80%前後でした。平均書き出しフレーム速度は120前後と実時間の2倍の速さでレンダリングとエンコードができました。AMD Ryzenの処理速度に大満足。

コメントを残す